ニュース&お知らせ

https://idea-lab-antler.jp/wp-content/uploads/2021/01/video-thumbnail.png

オンラインサロンが流行りを迎えている理由と海外との価値観の違い

2020年10月27日

オンラインサロンは日本で非常に流行っていますが、なぜここまで流行りを見せたのでしょうか。実は、オンラインサロンは海外ではあまり流行っていません。日本と海外でオンラインサロンに対する価値観には、大きな違いがあるのです。

こちらでは、オンラインサロンが日本で流行っている理由について解説していきます。また、海外でオンラインサロンが流行っていない理由についても解説しているので、ぜひご確認ください。

流行りのオンラインサロンに日本人が見出している価値とは

流行りのオンラインサロンに参加している方

日本でオンラインサロンが有名になったのは、インターネットの普及が大きく影響しています。現代では誰もがどこにいても気軽にインターネットを使えるようになり、それによってYouTuberのようなネット活動を中心とした存在も現れ始めました。

そこで登場したのが、「インフルエンサー」です。ビジネスで成功するためのポイントなどを紹介するインフルエンサーは、漏れなくオンラインサロンを開設していました。それが、オンラインサロンが広く知れ渡った理由です。日本では、そこからオンラインサロンが流行り始めたといわれています。

もうひとつの理由として考えられるのが、日本の労働環境です。日本は企業で働くという閉塞感が非常に強いです。オンラインサロンに入会しているメンバーの多くは若者であり、その若者の多くが自由に働きたい、自分の好きなことでお金を稼ぎたいと考えているのです。

日本の企業は基本的に年功序列であるため、若者がどれだけ努力をしても年上の指示を聞かなくてはいけません。オンラインサロンはすべての参加者が平等なので、閉塞感がありません。若者はこのような労働環境を求めているのでしょう。

流行りのオンラインサロンのコミュニティに参加したいとお考えなら、idea Laをご検討ください。サロンのコミュニティに参加することで得られるメリットは非常に多く、情報量も豊富なため価値が高いです。流行りの情報を得ることで、ビジネスにも活かすことができるでしょう。

日本で流行りのオンラインサロンが海外で流行らない理由は価値観の違い?

オンラインサロンは日本で流行り、海外で流行らない。その理由について解説。

オンラインサロンは海外ではあまり流行っていません。その理由は、先ほど紹介した労働環境にあります。海外は多くの企業が成果主義を採用しているので、やる気がある方は労働の対価を得られる企業で活躍の場所が与えられるのが当たり前です。

しかし、日本はそうではありません。若いうちはなかなか活躍の場が与えられず、どんなに優れた発想力やアイデアを持っていても、それをアウトプットする機会がないのです。

そこで、自身のアイデアや意見をアウトプットする場として、オンラインサロンのコミュニティに参加する若者が増えていると考えられます。

流行りのオンラインサロンへの参加をご希望なら、アイデア投稿や意見交換などができるidea Labをご利用ください。日本と海外とではオンラインサロンに対する価値観が異なりますが、それは労働環境が影響していることが考えられます。自分のアイデアや意見を発信する場をお求めでしたら、ぜひidea Labのサロンへご参加ください。

流行りのオンラインサロンに参加することには価値がある!サロン探しは慎重に

私たちが日本の労働環境に対して声をあげたところで、すぐに変わることはありません。

そのため、自分の力で自分が活躍できるフィールドを探すしかないのです。流行りのオンラインサロンは日本特有の文化です。自分のアイデアや意見を発信する場として、存分に活用していきましょう。参加するサロン探しは慎重に行うことが大切です。

idea Labでは、オンラインサロン内でアイデアや意見を募集できます。企業が抱えている課題に対してのアイデアや意見、サービスについてのフィードバックなど、サロンメンバーが自分ゴト化して考えたものを、提案書としてまとめて提出させていただくことが可能です。サービスの価値を向上させたい方や宣伝につなげたい方も、ぜひidea Labのオンラインサロンをご活用ください。