フリートファーミングを日本へ アイデアグランプリ#ワーク

犬のコンサルタント会社員 ゴールド

詳細内容

広い庭がある家に住んでいるけれど、庭を有効活用できていない。
家庭菜園をしてみたいけど、近くに家庭菜園ができる場所がない。
そんなあなたに、家の庭を使っていない一軒家のオーナーと、家庭菜園をしたいが庭がない方をマッチングし、庭を貸し出すサービスを提案します。
提案:
①家の庭を使っていない一軒家のオーナーが、使える庭の広さと、使うにあたってのレンタル料や用途を決めて、庭の写真を投稿。
②投稿された写真をもとに、家庭菜園をしてみたい人がレンタルする。
③レンタルした人に、あとは庭を使ってもらう。作った野菜や花は持ち帰りOK。
④防犯のためのカメラなど必要なものは運営から貸し出しすることで、安全性も担保する。
解決する課題
・家庭菜園をしたいが庭を持たないため、できない。
・庭は持っているが、有効活用できていない。
想定結果
・人の庭ではあるが、家庭菜園やガーデニングを楽しむことができてハッピーになる。作ったものは持ち帰れるので、よりハッピー。
・庭を有効活用できて、お金にもなるしハッピー。

備考
アメリカではフリートファーミングという名前で、人の家のお庭をその地域の方々で畑にして野菜を収穫する活動がされています。収穫した野菜は、参加者で分けて、庭を使わせてくれた方にも分配することで成り立っています。この思想を応用してマッチングするようなサービスを提案しました。

FacebookTwitterLine

いいね投票締切

2021/10/31 23:59

みんなのコメント

コメントを残す