シニア向けe-sports アイデアグランプリ#その他

マツォコ

詳細内容

現在、e-sportsの市場は拡大しており、一つの産業になったといえます。

しかし、当該市場は、若者世代がメインターゲットであり、プレイヤーであるため、デジタルネイティブ以前の世代が参加しにくいものとなっている。

よって、シニア層向けのシニア層こそが楽しめるゲームの開発・プラットフォームの提供を行うことで、単なるボケ防止の目的ではなく、シニア層の第2・第3の趣味として位置づけられると思われる。

また、ゲームの普及においては、ゲーム講習会やアーケードゲーム筐体のレンタルなどのサービスにより常連プレイヤーを増やせると思われる。

FacebookTwitterLine

いいね投票締切

いいね投票は終了しました

みんなのコメント

コメントを残す