隠れ家のあるカフェ アイデアグランプリ#飲食

sayu

詳細内容

まず、タイトルを説明する前に、私が日常感じている疑問から説明させて下さい。
素敵なカフェは沢山知ってるけど自分だけの空間にはならないですよね。あるとしたら、お客さんがたまたま少ない時に貸し切り状態になるか、または大人数で貸し切ってパーティーするか‥ぐらいですよね。
お気に入りのカフェが無理やりなシチュエーションではなく、自然に、自分だけのカフェになったら嬉しくないですか?
どういうことかというと、カフェの一部の空間に、
おしゃれに間仕切りして、
エリアを存在させます。
1つだった空間が、2つ、3つ、、になる感じです。だったら個室でいいじゃないか、と思われるかもですが、
個室はホントただの個室なんですよ。間仕切りと個室は全く違います。従来のカフェに間仕切りで不思議な空間をプラスした形になります。
例えば、リモートで数人集まりたい時、せいぜい会議室1とか2、みたいなどこかの多目的室だったりで‥スタバのキャラメルマキアート飲みながらやりたいなーって思っても、周りから見られると、やってる感丸出しなので気を使う事もあります。
間仕切りがあるだけで自分たちの空間スペースが確保されてるので安心してミーティングやカウンセリングや、その他のリモート作業に使えます。要は、会社という人数に応じた場所をいちいち確保しなくていいという新しい形です。お店側も、ただのカフェやレストランではなくなります。個人企業のお客さんが常に利用する場所になったりしますので、古い言葉でいうと隠れ家オフィスの加盟店みたいなカフェがどんどん人気になります。
好きなカフェが自分のオフィスになる‥は、固定されたオフィスの概念を変えていくことになるでしょう。

FacebookTwitterLine

いいね投票締切

2021/08/31 23:59

みんなのコメント

コメントを残す