早朝ランニングパーソナルトレーナー アイデアグランプリ#ライフスタイル

KZM

詳細内容

朝早く起きて、その時間を有効活用したい方は多いはずです。
早起きによって自律神経が整い健康的にも良く、一日の良いスタートがきれる。

頭では分かっていても朝の自分は別人です。
睡魔に負けてしまう人が殆どではないですか?

そこで、Uberの仕組みからヒントを得て
普段朝からランニングしている人が誰でも事前に身分を登録していればトレーナーとなる事が出来、利用者とマッチングして「自宅まで起こしに行って一緒に走る」というサービスです。

従来でしたら「知らない人が家に来るなんて」と言われていたでしょう。

今は「知らない人が体に入れる食べ物を家まで持ってくる時代」です。

身分登録、ランニング中にも使用出来る静脈認証バンド、利用者は並走トレーナーの性別を選べるなどの対策で防犯の観点はクリア出来るのかなと思います。

このサービスでは毎日走っている人が誰でも
トレーナーとなり、走るだけでお金を稼ぐ事が出来る事。
利用者は走る為にまず起きる事を達成出来る。
利用し早起きする事である意味「時間を買う」 事が出来る。
そして走る事が習慣化されれば、トレーナーとなり更に継続する事が出来る。
「正の連鎖」

企業化したら、会社からトレーナーへオリジナルのランニングウェアを販売し、フィットネス事業や健康食品企業などからの広告をウェアに貼って広告収入も得れる様に出来ると思います。

希望性別をフリーにする事で健康的な出会いの活性化も図れます。

早朝に囚われずとも、防犯の為に夜の利用も有りだと思います。

FacebookTwitterLine

いいね投票締切

いいね投票は終了しました

みんなのコメント

コメントを残す