オンデマンドシッター アイデアグランプリ#子供・ファミリー

Rintaro ゴールド

詳細内容

家事などでちょっと手が離せない時に、子供やお年寄りの相手をしてくれる人をオンラインで探す事ができるサービス。サポーターは専用のコミュニケーションユニット(ロボットやぬいぐるみ)から声を出す事ができるほか、スマホアプリのUIを介して各種操作をする事ができる。依頼者は登録済みのサポーターから現在有効な人を選ぶ事ができる。サポーターの料金はタイプや評価によって適宜設定される。

FacebookTwitterLine

いいね投票締切

2021/06/30 23:59

みんなのコメント

3 comments

  1. ▪️これが実現すると世界はこう変わる
    ①依頼者にとっては子育てや介護における負担が軽減される。
    ②サポーターにとっては自分の能力を活かして人助けができ、短時間で報酬を得る事もできる。
    ③対象者にとっては、退屈な時間の解消やコミュニケーションによる脳の活性化が期待できる。

  2. とても良いアイデアだと思います。若年層ではYoutube動画などの鑑賞で時間を潰している人が多く、情報のインプットはあるが、真の心癒しである人と人とのコミュニケーションや人との繋がりが時代に連れて薄れている傾向と感じていますので、このようなサービスがあると特に若年層にとって外とのコミュニケーションが生まれ、ポジティブな思考に繋がると思います。しかしながら、サービス提供時、注文者が対象者のそばにいない場合、サポーターが発信するコンテンツの安全性をクリアしないといけないと思います。

    1. 応援コメント頂きありがとうございます!
      そうですね。性善説を前提に作るものの、チェック機能だったり、安全面を考慮した要件は必要そうですね。将来的にはその辺りはAIの役割になるかもしれませんが、ひとまずは各サポーターの実績とレビューを信じて使う想定でお願いしたいと思います。

コメントを残す