健全な労働太郎会社員/41歳 ゴールド

詳細内容

 外国人の労働も含めて、潜在的な雇用を排除したら、人口には追いついていかないと思われます。
 各都道府県などにも、在留外国人もいらっしゃる事から、外国での潜在的な需要と本国での需要を選択できるような日本語習得をあわせたカリキュラムを設けて、外国での開拓・国内での活躍を目的として、賛同企業をつのり、生活面での金銭的な支援も含めて外国人の職業訓練ができないかと考えました。

FacebookTwitterLine

いいね投票締切

2022/01/31 23:59

みんなのコメント

コメントを残す