知りたい?知りたくない? 自分自身を知るサービス アイデアグランプリ#テクノロジー

tomnote経営者

詳細内容

私たちは日本人は、あまり自分自身を知る、見つめなおすという習慣がありません。

そのため、これまでの自分自身のデータを入力して、時分自身を知る、自分自身を見つめなおすサービスがあればと思います。

入力するデータとしては 出生地や生年、これまでの居住地、学歴など多岐にわたります。

これらのデータをもとに、様々な表やグラフ、地図上にマップンピングするなどして、ユーザーフィートバックします。

これによってユーザーは自分の歩んできた道や、自分の現在の立ち位置、趣味嗜好、強みや弱みなどを把握することができます。

ユーザーには無料で提供して、集めたデータを様々なマーケティングに使えるようにマネタイズできればと思います。

これが実現すれば、こまれでおぼろげだった「自分像」がはっきりし、自分の進むべき道が明らかになるのではないでしょうか?

また、AIによる分析につなげれば、様々マッチング(異性間、同性間、BtoC)にも使えるようになり、大きな可能性かを秘めていると思います。
 

FacebookTwitterLine

いいね投票締切

2021/12/31 23:59

みんなのコメント

コメントを残す