引きこもりと訪問看護 アイデアグランプリ#ライフスタイル

健全な労働太郎会社員/41歳 ゴールド

詳細内容

 若年層の中には、親との関係性と病気、依存から引きこもりになるケースがあると聞いています。
 家族関係の修復とは行かなくとも、社会に触れる環境を整備する事で、皆が生きやすい社会になると考えました。
 課題として、社会保障の手続きをサポートする態勢作りの重要性。
 次に、心理士などによるカウンセリング。
 社会復帰支援としての、就労支援や社会資源の確保。
 親御さんの社会的な理解。寛容な心作り。
などがあげられると思います。
 是非身近な方で、引きこもりの方がいらっしゃったら参考までに提案とします。

FacebookTwitterLine

いいね投票締切

2021/12/31 23:59

みんなのコメント

コメントを残す