フードロスをなくし、飲食業者の収益も改善するプラットフォームづくり。 アイデアグランプリ#飲食

藤原誉枝子 ゴールド

詳細内容

飲食店はその日なのか、数日なのか、もっと長いのかわかりませんが、一定期間のお客さんを見込んで、仕入れを行っていると思います。
ですが、予約のキャンセルや、最近ではコロナの影響など、周囲の状況によって計画通りにいかないことも多いと思います。 使いきれず、捨てるしかない食料を、その日か翌日に取りに来れる近隣の人に、割安だけど有料で販売できるプラットフォームを作ります。(「ジモティー」の食品版のようなもの)
フードバンクや子ども食堂とも連携できるかもしれません。
高級食材や珍しい食材の場合もあると思います。家庭で応用できるレシピを付けて販売するなど、付加価値を付けて販売することも可能です。
そのためには、飲食店への働きかけ、購入者側のニーズの調査、購入者とのつながり作りが必要だと思います。その点でなにかもうひと工夫、ふた工夫かもっと?例えばそのつながり作りが楽しくなるようなアイデアや、消費期限が近い物を販売するための工夫や技術があればいいなと思いますが、アイデアとして提案します。

FacebookTwitterLine

いいね投票締切

いいね投票は終了しました

みんなのコメント

コメントを残す