ニュース&お知らせ

https://idea-lab-antler.jp/wp-content/uploads/2021/01/video-thumbnail.png

アイディアのマッチングサイトに参加して投稿・応募!アイディアが生まれる段階とは?

2020年10月27日

アイディアが自然に浮かんでくる場合もありますが、ひたすら考えていればいいアイディアが浮かんでくるというわけでもありません。アイディアには正解がないので、正しい手順を踏んで見つけ出していくことが大切です。

こちらでは、アイディアを生み出すために必要なステップについて解説をしていきます。

アイディアを生み出すのに効果的なマッチングサイトidea Labは、参加者が多く多数の投稿があります。応募していただいた中から、よりよいアイディアを採用することも可能です。

アイディアが生まれるには段階がある

There are stages in the generation of ideas

アイディアを生み出すには、以下の5つのステップを踏む必要があります。

1.資料集め

アイディアを生み出すためには、アイディアに効果があるのかを裏付けるための知識が必要です。その知識になる資料は、アイディアを生み出すヒントが詰まっているものでもあります。関連する書籍や新聞、雑誌など、アイディアのヒントになりそうな資料を可能な限り集めましょう。

出典が定かになっていないウェブサイトなどは、信憑性に欠ける情報を取り扱っているケースもあるので、利用する際は注意が必要です。

2.資料整理

資料はなるべく多く集めることが大切です。

資料が多くなりすぎた場合は、使いやすいように整理しながら集めていきましょう。その場で必要かを判断するのではなく、とりあえず時系列、または種類別でわけておきます。

不必要な箇所が多い資料は、必要な部分のみを抜粋して整理しておくとわかりやすいです。

もちろん、整理の方法としては、自分がわかりやすい方法で構いません。

3.既存要素を組み合わせる

整理された資料を確認しながら、新しいアイディアを見出していきましょう。アイディアとは既存要素の組み合わせです。共通点や類似点を見つけながら、色々な資料を組み合わせていきます。そうすることで、独創的なアイディアを生み出すことができるのです。

4.アイディアを発展させる

アイディアの中から利用できそうなものを選びます。アイディアが浮かんだとしてもそれに固執するのではなく、どんどん発展させていくことが大切です。肉付けをしたり、アレンジを加えたりしてよりよいものを作り上げましょう。

逆に余計なものを削ぎ落としてシンプルにすることも必要です。アイディアを寝かせてみるのも有効なので、色んな方法を試しましょう。

5.アイディアを仕上げる

最後にアイディアを仕上げます。実用性が伴う状態までアイディアを仕上げることができれば、一連の作業が完了となります。

アイディア探しに効果的なマッチングサイトidea Labは、参加者が多く様々なアイディアが投稿・応募されています。ユニークなアイディアが見つかることも多いので、なかなかいいアイディアが思い浮かばずお困りの企業の方にもおすすめです。ビジネスや新規事業を発展させるためにはアイディアが欠かせません。

企業の発展のためにも、ぜひidea Labのマッチングサイトをご利用ください。

アイディアが応募・投稿されるマッチングサイトは参加者が多くいいアイディアが見つかる!

good ideas can be found

アイディアが自然に生まれるというのは本当に稀です。ひたすら考えていても、何も思い浮かばないこともあります。上記でご紹介したステップを参考にして、アイディアを生み出してみてください。

アイディアの投稿・応募ができるマッチングサイトidea Labには、ユニークなアイディアが集まっています。参加者が多く様々な方のアイディアがチェックできるため、なかなかいいアイディアが思い浮かばずお困りの企業様にもぴったりです。他の方のアイディアを参考にしたい、いいアイディアがあれば採用したいとお考えでしたら、ぜひidea Labのマッチングサイトをお役立てください。