移住したくなる“里山シティ” 企業案件#アイデアの山

募集要項

募集目的

兵庫県淡路島に3000坪の山があります。
「子供の未来に残す山にしたい」という想いから先人から譲り受けたものの、一人ではどうすることも出来ず、idea Labと共同で山作りを行なっていくことになりました。
この広大な山に何があればワクワク出来るか、未来へ繋がるかのアイデアを募集します。

現状の課題

とにかく広い山の為、一人の力ではどうすることも出来ません。
idea Labと関わる事で、より多くの人達を巻き込んで、色々な人の想いがこもった山にしていきたいと思っています。

ポイント・強み

とにかくまだ手付かずの山の為、自由度が高いです。また、エリア的にも都市計画区域外のため、法律的なハードルも非常に低いです。

理想のゴール

自分たちの次の世代へこの山を繋げていけるような、持続可能な山にしたいと思っています。

関連URL

山の所有者(ブログ)
https://ameblo.jp/fuku-awaji/entry-12539940831.html
紹介動画
https://youtu.be/yKQ2842gjYI
※現在採用されて実行中のアイデアストーリーを「MANGA Lab」にて読むことができます

募集詳細

【募集期間】2021.7/1(木)〜7/31(土)23:59
【採用賞金】1万円
【採用方法】「いいね!」の数を参考に、クライアント様が選出します

投稿ルール

❶投稿は下記「アイデア投稿フォーム」より投稿してください
❷プレゼン資料等がある場合はPDFファイルにて投稿してください
❸アイデア内容に基づき、運営にて「イメージ写真」をフリー素材サイトより選定したのち公開します

ナナイロ

詳細内容

そこは小さな集落。あちらこちらに点在する小屋に住まうのは里山を愛するそこの住民。

島の中の山という、海にも緑にも恵まれたこの場所には、都会にはない穏やかな安らぎがあるので、衣食住それぞれをクリエイトする者たちが伸びやかにモノづくり、発信しやすい。

野菜や加工品の創り手と売り場。それらを提供する食事処や商店。服飾や日常品、生活必需品も必要最低限、それらですらこの“街”で生産される。

ここで生産され、それをここの住人たちで使い一つのコミュニティとして成り立たせ、365日この里山シティで穏やかに暮らせる。

山をまるごと街に変えていく。現代技術の集まる街ではなく、里山クオリティからなる原点回帰なシティに。

どの店も場所も個々で管理できる小屋程度。キャパを一つ一つ小規模なものにすることで、コスト削減し無理なく循環。街中に屋根つき休憩スペースを設けて、そこが青空レストランでありカフェであり、室外暮らしを日常にする。

服飾屋さんが立ち並ぶエリアや車屋さんならぬ、里山ならではな二輪車、三輪車屋さん。

自然派なお洒落シティ。

いま全国的にも“自然派”需要は高くなっており、クリエイターが活動しやすい世の中になってきたと思う。そんなひとたちが集まれば、衣食住すべてが揃う街が作れると思う。

FacebookTwitterLine

いいね投票締切

いいね投票は終了しました

握手

みんなのコメント

コメントを残す