実用性と遊び心を徹底追求したフィクションハウス 企業案件#株式会社スタジオモブ

むぎ

詳細内容

◾️目的:持ち家に興味がない層、現状の自宅に満足している層を
ターゲットに、こんなの実現できるの?という好奇心を刺激して、新顧客開拓を狙う。
◾️提案
・フィクション作品に出てくる(もしくは出てきそうな)架空の建築物を設計提案します。
・例えば、アニメ・ドラマの主人公の家やサスペンスの事件現場などを、実用性を兼ねた形で具現化します。ぱっと見は殺人現場なのにめっちゃ収納スペースある!とか。話題先行でなく持続的に人気のあるコンテンツとしたいためです。
・アパートなどの集合住宅では、101号室は事件発生直後の状態、102号室は証拠隠滅の工作時の状態、103号室は捜査時の状態など、シリーズ化してもおもしろいかも。
◾️期待できること
・持ち家に興味がない層、現状の自宅に満足している層などの新たな顧客の獲得が期待できます。
・老朽化した古民家やアパートなどのリフォームにも対応できれば、賃貸としての魅力創出もできるので、大口案件の獲得も期待できます。
・地方の空き家問題にも貢献できます。
・アニメモチーフであれば、海外顧客の獲得も期待できます。

FacebookTwitterLine

いいね投票締切

2021年07月31日 23:59

みんなのコメント

コメントを残す