クライアントの夢のストーリー部分の3D化 企業案件#株式会社スタジオモブ

たてちん ブロンズ

詳細内容

クライアントへの説得が、一番肝になると思いますのでプレゼンテーションの独自性を強化するのがポイントと思いました。

そこで、クライアントの想定ユーザーの顧客体験という観点で、ドラマをデザインするのはいかがでしょうか?

プロセス
・想定ユーザーの悩み・課題を、作り手目線ではなく、複数のユーザーインタビューを通じて、ヒアリングして課題抽出を行う。

・悩み・課題と、図面との関係性を、ユーザーの課題解決されるドラマとして表現します。

・ドラマの制作は、予算次第ですが、低予算でスタートするなら、PPT・絵コンテ・簡易CGなどで実現します(人の表情の表現力のあるツールである事がポイントです)
またドラマのシナリオは、台詞が必要となるので、シナリオ制作会社に委託すべきです。

・このユーザーエクスペリエンスドラマは、依頼主の集客コンテンツとしても活用できますので、素材提供をクロスセルすることも可能です。

いかがでしょうか?

FacebookTwitterLine

いいね投票締切

2021年07月31日 23:59

みんなのコメント

コメントを残す