みつばちと私 企業案件#FAT camera

shin4649

詳細内容

クライアントは種からスタート。土の暗いところから明るい世界に、芽が出て順調に伸びていく。ところがある時、もっと高いところに伸びたい、ほかの仲間がどうしているか知りたいと思うようになる。そこで蜜蜂(御社)が登場。動けないクライアントに代わって、周りのことを教えてくれたり、よく光が当たる場所を教えてくれる。そんなことを続けていると、ある日運命の相手の話を聞いて興味を持つ。自分のことをまだ見ぬ相手に伝えてもらうように自分のいいところを説明しようとするが、上手く表現できないでいると、任せろとばかりにミツバチがあの手この手で相手にアプローチ。上手くいった彼らにはいつのまにか花粉が受粉し、大きな美しい花が咲いていた。その後も長くミツバチと仲良くしましたとさ。

FacebookTwitterLine

いいね投票締切

いいね投票は終了しました

みんなのコメント

コメントを残す