購買のお手伝いをするコンシェルジュサービス 企業案件#新世界市場 2021/06/19

募集要項

募集目的

新世界市場は、大阪の通天閣の麓にある創立100年を超える老舗商店街です。
現在は空きテナントが目立ちシャッター通りとなってしまっていますが、昔ながらのお茶屋さんやお漬物さんなど、まだ営業しているお店には魅力的なお店が多いです。
そこで、新世界市場のホームページを作りそれらのお店の魅力をPRしたいと思っています。
昔ながらのお店を紹介する際に、どういう紹介のやり方をすれば伝わりやすいかのアイデアを募集します。

現状の課題

近隣に大型ショッピングモールが出来たり、ネットで何でも物が買えるようになったりと、「商店街のお店」の価値が薄れてきているように感じます。
商店街だからこその魅力の発掘が必要だと感じます。

ポイント・強み

創立100年以上の歴史ある商店街です。ハード面も必要最低限の修繕を除きほぼ当時のままの姿が残っています。また、通天閣から徒歩1分というアクセスの良さも強みです。

理想のゴール

昔ながらの商店街を楽しんで頂き、またお客様が足を運んで頂けるような商店街になりたいと思っています。

関連URL

新世界市場(google map)
https://goo.gl/maps/1iuhw1a7MUJWhQ4X8

募集詳細

【募集期間】2021.6/1(火)〜6/30(水)23:59
【採用賞金】1万円
【採用方法】「いいね!」の数を参考に、クライアント様が選出します

投稿ルール

❶投稿は下記「アイデア投稿フォーム」より投稿してください
❷プレゼン資料等がある場合はPDFファイルにて投稿してください
❸アイデア内容に基づき、運営にて「イメージ写真」をフリー素材サイトより選定したのち公開します

犬のコンサルタント会社員 ゴールド

詳細内容

顧客が欲しい物のザックリとしたイメージを、商店街のお店の店主たちの知識で具体的にするお手伝いをして、購買につなげるコンシェルジュサービスの提案。

課題:
・商店街における課題
①:競合の急速な増加
 スーパーのように、一箇所で何でも揃うところが増えて、商店街の必要性が希薄になっている。インターネット通販サイトの増加から、顧客の選択肢は莫大になり、商店街にある選択肢だけでは満足できなくなっている。
②:価格競争
 スーパーの規模の経済で、大量に仕入れ、安くすることが出来る企業には、商店街の個人店舗では価格競争において、とても敵わない。

・課題解決をするビジネスモデル「痒いところに手の届く購買体験」
 スーパーや百貨店は、いつ何時も同じサービスを提供するために、常に同じクオリティの物を提供し続けられるが、それ故に、買い物に対する意外性や、面白さ、購買経験が損なわれる。
インターネット通販は、顧客が真のニーズに気づけている際には、検索して、すぐに欲しいものが手に入るが、ニーズがぼんやりしている場合には、検索すらできない。
ニーズがぼんやりしていて、なおかつ、購買体験の面白さを作り出すサービス。
これこそ、商店街が目指すべきモデルであり、地域に根差した究極のパーソナライズサービス、すなわち、コンシェルジュサービスを目指すべきと考える。
スーパーにより平準化され、インターネット検索によって大量の商品に触れることができるようになったからこそ、今一度、商店街の繋がりを大切にした、地域に根差した機能を特化させることが重要になる。

提案詳細
PDFをご参照ください。

プレゼン資料

ダウンロードはこちら

FacebookTwitterLine

みんなのコメント

コメントを残す