明らかに怪しい移動店舗 企業案件#KAJA TUK rent

犬のコンサルタント ゴールド

詳細内容

トゥクトゥクで移動しながら商品を売るいかがわしい店、トゥクトゥクに本物保証、格安などの文字が貼ってあり、洋服や時計を売っている。店主も派手な格好で、レゲエ的な雰囲気がある。店には一際大きく売っている製品のブランドが安そうな紙や段ボールに貼ってある。

これは実は本物を売っているお店であり、広告だ。

中価格帯であるが、そこまで有名じゃないブランドは、認知されるまでに時間がかかるという課題がある。それらのブランドが怪しげな店で売られれば、コピーされるほど、有名なブランドなのだと人は認知する。その結果、検索されたりするだろう。

トゥクトゥクの発展途上国感や視線を集めるような見た目も合わさって、明らかに怪しげなお店が広告になる。
本当に、ここでは広告対象のブランドを少し安く買えるようにしておくと、さらにSNSシェアなどの相乗効果も生まれる可能性がある。
トゥクトゥクの広告利用の可能性を広げられる企画と考えます。

FacebookTwitterLine

いいね投票締切

いいね投票は終了しました

みんなのコメント

コメントを残す