架空の禁酒法時代日本に生まれたビール 企業案件#Derailleur Brew Works

募集要項

募集目的

Derailleur Brew Worksは、「常識にとらわれないビールづくり」をコンセプトとしたクラフトビール工場と企画運営チームの集合体です。
大阪西成を舞台にした「西成ライオットエール」をはじめ、ストーリー仕立てのユニークなビールを世の中に輩出しています。
今回は従来の企画チームでは思いつかないような「常識にとらわれないビール」のアイデアを募集します。

現状の課題

土地柄もありお酒好きが周りに多い環境のため、お酒好きが考えるビール企画でなはく、お酒好きではない、または飲めない方からのビール企画に興味があります。
もちろんお酒好きの方からのビール企画も大歓迎です。

ポイント・強み

一見ビールのパッケージとは思えないような、ユニークなビジュアルのデザインが得意です。
また、就労支援として多様な従業員を受け入れています。

理想のゴール

飲み物としての枠を超え、ビールを通じて世の中の人をよりワクワクさせることが出来るビールを作りたいと思っています。

関連URL

Derailleur Brew Works
https://derailleurbrewworks.com/
Instagram
https://www.instagram.com/derailleurbrewworks/
Facebook
https://www.facebook.com/Derailleurbrewworks/
【運営企業】株式会社シクロ
https://cyclo-inc.jp/

募集詳細

【募集期間】2021.6/1(火)〜6/30(水)23:59
【採用賞金】1万円
【採用方法】「いいね!」の数を参考に、クライアント様が選出します

投稿ルール

❶投稿は下記「アイデア投稿フォーム」より投稿してください
❷プレゼン資料等がある場合はPDFファイルにて投稿してください
❸アイデア内容に基づき、運営にて「イメージ写真」をフリー素材サイトより選定したのち公開します

犬のコンサルタント会社員 ゴールド

詳細内容

「もしも日本に禁酒法が適用された時代があったなら」
これをコンセプトにしたビール「Illegal Beer(イリーガルビール)」を提案します。

・課題
 ビール業界における課題として、大手との差別化や、競合企業の増加があります。クラフトビールを製造する個人業者が増えているだけではなく、大手もクラフトビールが作っている、まさに戦国時代に突入しています。

・解決策モデル
 この課題に対して、SNSを活用したデジタルな販促を用いたD2Cのモデルのビールを提案します。この際、デジタルや低価格高品質だけでなく、物語を大切にすることが大手と差別化できる鍵になります。

・提案
 Illegal Beerは「禁酒法時代の日本のビール」をテーマにしたビールです。実際に日本に禁酒法はなかったのですが、もしもあったなら、お茶に隠すために緑色をしていたのでは?ビンも隠して持っていたので薄汚れたものだったのでは?少量でも酔えるようにアルコールは強めだったのでは?という想像を膨らませて作ります。
 そして、SNSなどで禁酒法時代の日本の歴史や起きた出来事をテーマに架空の物語を提供するのです。これにより、ファンを増やし、大手にはできない物語性のあるビール、話したくなるビールを提供します。

・予想される結果
 SNSにより認知度を増やし、貴社の他の物語性のあるビールを知ってもらうきっかけになる。

プレゼン資料

ダウンロードはこちら

FacebookTwitterLine

いいね投票締切

いいね投票は終了しました

握手

みんなのコメント

コメントを残す